3D空間座標データベースのアーカイブサービス

当社は株式会社岩根研究所の画像処理技術〈CV Technology〉により全天球映像をそのまま3次元座標付きの3D地図に変換して活用することを提唱しています。
3D地図の作成に通常使用されているレーザー点群や、カメラの姿勢を取得するためGyro/IMUセンサーを用いずに、画像処理とGPSのみで画像型3D地図を実現しているところに最大の特長があります。
シンプルな機材構成であるため台数を揃えれば大規模整備を迅速に履行できるとともにデータの更新も容易です。車載だけでなくドローンや歩行撮影にも適しています。
主な用途としては道路や河川等の付帯施設全般の維持管理や点検、デジタルシティ用プラットフォームのみならず、自動車やロボットの自律走行や自律歩行向けの位置決め地図としても活用できます。
画像はクラウドによる配信とも相性が良いため情報の共有に適しています。また、ディープラーニングによる認識とも親和性が高く、画像型3D地図の今後の活躍の場は広がると予想されます。

デスクトップアプリケーション ALV2.0

ALV2.0 クラウド版 WebALP3.1

デスクトップアプリケーション MAX ALV